○○○ Pause ○○○  Comfortable daily Life

cdlpause.exblog.jp
ブログトップ

2月の誕生花

e0116763_20293075.jpg


気が付けば、2月の最終日。
何件か花屋をめぐって、やっと見つけたフリージア。ドイツ語ではFreesie(フレージエ)。
まだ、蕾ですが、甘く、優しい香りがします。

この花は、南アフリカで植物採集をしていたドイツ人、C.エフロンが発見し、親友の医師フレーゼの名前をつけて紹介しました。
南アフリカのケープ地方に 11 種類ほど生育している植物で、オランダの品種改良により現在では 150 種類以上になるそうです。

アフリカ原種である、黄色、白色のフリージアは金木犀のような甘い香りが強い。紅・紫系は、黄花種ほど強くはないが、甘酸っぱい果物の香りがある。花言葉はフリージアの色によって異なる。白はあどけなさ、黄は無邪気、赤は純潔、紫はあこがれ、淡紫は感受性を表す。
(Wikipediaより)
[PR]
# by yurulilas | 2007-02-28 20:30 | 毎月の誕生花

言葉と音楽


ドイツに住むということは、ドイツ語を話すと言うこと。
勉強が苦手な私は、忙しいを理由に逃げ腰です。
暮らしの中で、言葉がとても大切で、毎日を豊かにしてくれるということを痛感しています。
刺繍の仕事をしながらも、言葉に慣れるため、ラジオを聴いて耳をならしていましたが、
聞き流すことになれてきた・・・!?
e0116763_054878.jpg

これではいけない!!!
なので、ドイツ語の児童音楽を聴きはじめました。
このCDは絵本とセットになっていて、歌詞だけではなく、内容が描かれ、絵で音階を表現しています。
これだと、何を歌っているか確認できるし、なんと言っても口ずさめます。絵もかわいいし。
文法も大切ですが、まだまだ単語数を増やさなければと思う今日この頃です。

ゆっくりですが、こちらの暮らしを楽しんでいます。
[PR]
# by yurulilas | 2007-02-27 00:55 |

かぎ針編み

今年は暖冬のおかげで、雪のほとんど降らないミュンヘン市内。
昨年パリのrepettoで買ったアンティークゴールド色のバレーシューズが大活躍です。
靴に合わせたバックが欲しくて、冬らしく、靴と似た色の毛糸で、早速制作。
コサージュが渋かわいくできたので、
既製の革でできたショルダーとボタンをつけてポシェットにしました。

e0116763_23134293.jpg


このバックをお友達や、刺繍教室の生徒さんに誉めていただき、『かぎ針お茶会』を2回しました。コサージュは、おしゃべりしながら1時間ちょっとでつくれるので、かぎ針初心者さんも楽しめます。
バック作りは、単調な進みで黙々と2時間~3時間はかかるでしょうか・・・。

e0116763_23141496.jpg


皆さんに説明するときはコットンの毛糸を使いました。
1回目のお茶会で説明のときに作った、コサージュとバックの底。
この丸い底を毛糸1玉分(13個)つくり、繋ぎ合わせて、マフラーにしてみました。
2回目のお茶会ではコサージュのみを皆さんとつくりました。
残り毛糸で何か作れないかと・・・考えあぐねた結果。
いろいろな編み方の練習をしつつ、ベルトを作ってみました。
シンプルなサマーワンピースのアクセントいいかも♪


同じ編み方でコサージュを作っても、糸の素材や太さが違うので雰囲気が変わっておもしろいです。
[PR]
# by yurulilas | 2007-02-18 23:24 | 手づくり

結婚記念日

e0116763_2381259.jpg
8回目の結婚記念日。
会社から帰宅した主人の手には、
***チューリップの花束***

Ostereierを飾る枝の下にチューリップ。
ちょっと、気の早い飾り付けですが、
4月のイースターに向けて3月の上旬に1日刺繍教室をするので、
その作業のムードを盛り上げてくれています。
[PR]
# by yurulilas | 2007-02-14 23:06

ストッフメッセ

e0116763_3241713.jpg
『 munich fabric start 』 という、生地メッセに行ってきました。
2008年の春夏の展示会です。
上手く言葉では伝えられませんが、新素材や新柄をみながら、次の流れを感じてきました。

生地ブースを一回りしつつ、目的の付属品ブースへ。
ミュンヘン市内には日本の手芸店のように充実した品揃えのお店がないのです。(最近は手芸のネットショップも充実していますね。)
メッセは品揃えがとても良いので一度にいろいろなものを見るのに好都合です。
少量で買えないため、悩みますが・・・店頭に入荷しないものも多いので、
「気に入ったものは、まとめて購入しよう!」と心を決めて。

前回は一人だったので、メーカーさんとのコミュニケーションが・・・思い返すだけでも、恥ずかしい。なんとかなったのが、不思議です。
今回は心強い味方、在独20年のsちゃんが同行してくれたので、スムーズに買い付けすることができました。

より良い作品づくりに向けて、充実した一日になりました。
[PR]
# by yurulilas | 2007-02-10 03:34 | おでかけ