○○○ Pause ○○○  Comfortable daily Life

cdlpause.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

レースの街・プラウエン

旅の疲れを癒す為、立ち寄ることにした街、プラウエン。
とはいえ、ちょっと気になっていた街なのです。
e0116763_19434061.jpg

産業革命の頃レース産業で有名だった街、イラストレーターe.o.plauen の故郷。

中心部しか歩いていませんが、戦後、東西統一後の開発途中の街というかんじでした。
e0116763_19492473.jpg



←気になるキャラの銅像がいました。







e0116763_19453031.jpge0116763_19455122.jpg







↑泊まったところは、ハウルの城に出てくるような古い建物を改装したペンション。
併設しているレストランでは、バンベスという、じゃやがいも料理やスリャンカという東欧っぽい酸味のあるスープをいただきました。美味しかったです♪

街の中央にある市庁舎にレース美術館があり、レースと街の歴史を知ることができます。
レースの大きな機械も展示してあり、学生の頃に見学した日本のレース工場を思い出しました。

↓コペンハーゲンからプラウエンにきた若者の歴史を描いたレースの下の部分です。
≪左側がコペンハーゲンの町≫                ≪右側がプラウエンの町≫
e0116763_19464112.jpge0116763_19465881.jpg









e0116763_19474456.jpg←赤い土台が手刺繍、青の土台が機会刺繍。
どちらも繊細な世界にうっとりです。







お昼頃にプラウエンを発ち、
e0116763_19501431.jpg
のんびり車を走らせ3時のおやつは
レーゲンスブルクで。





2時間ほどゆっくり過ごして、
夜前にはミュンヘンへ無事に到着。



5泊6日のドイツ東部ドライブの旅。
広い平野を走りぬけ、
大都市ベルリンならではの刺激を感じ、
小さな山村ザイフェンでは童話に出てくるおもちゃ箱の世界を楽しみ、
小都市プラウエンではドイツ産業史の一場面を見ることができ、充実した日々でした。

社会学習を体験した気分なのは、
大なり小なりドイツ東西統一の歴史探訪だったからかしら?!

とはいえ、ライプツィヒやドレスデンなどまだまだ見るべきところが残るドイツの東側です。
[PR]
by yurulilas | 2008-08-28 22:55 | おでかけ

おもちゃ箱の村・ザイフェン

チェコ国境に近いザクセン州エルツ山脈中部の尾根にあるちいさな村、ザイフェン。
e0116763_19173256.jpg

木工細工の有名な村で、クリスマスピラミット、アーチ型のキャンドル飾り、坑夫と天使、煙吐き人形、くるみ割り人形、坑夫の作った木のおもちゃを売る子供達の姿がお人形になったものもあります。サンタさんやキリスト降誕の情景(Krippe)も多く見かけました。
ドイツのクリスマスシーズンに見かける木のお人形のほとんどがここから生まれているのかもと思うくらいです。
e0116763_1919020.jpg錫鉱山で栄え、一日の大半を地下の暗闇で過ごす坑夫達を暖かい光で我が家に迎えようという家族の心遣いから、窓の装飾に光を多用するようになったとか。




廃鉱後、寒い土地で育った堅い木材を水につけて柔らかく加工しやすくし、ろくろを使って量産する方法を身に着けたことでおもちゃの村として発展し、クリスマスの季節はメルヘンの絵本から抜け出した世界になるそうです。

e0116763_1920937.jpgおもちゃ博物館にはそれぞれのお人形の歴史や作家さんの紹介もあり、小さな世界が部屋いっぱいに広がっていました。


閉館一時間前に滑り込んだので・・・
もっとじ~っくり眺めていたかったです。

お店が閉まるのが早い。(15時~18時には閉店)
夕食までの時間はぷらぷらウィンドーショッピング。
そんなとき、日本語で声をかけられビックリ!
日本の美大生さん、夏休みを利用して体験学習に来たそうです。

e0116763_19204632.jpg夕食にはKasslerなどのお肉がトロッコに乗ったセットメニュー。
食後酒のハーブ酒も口当たりよく、美味しかったです。




翌日は昨夜出会った彼のいる工房でおじいちゃんにお話を聞くことができました。
ザイフェンは旧東ドイツの地域なので、おじいちゃん達世代は英語の授業はなく、ロシア語を習っていたこと。量産する為に裁断などは機会でするけれども、組み立てや、色づけはひとつひとつ手作業で行われていること。夏はクリスマスに向けての準備で忙しいことなど教えてくれました。
e0116763_1922651.jpge0116763_19222496.jpg








e0116763_19225586.jpg←お菓子の家のようなかわいいお家。







まだまだいろいろなお人形を見たい気持ちを残しつつ、すっかり夕方の出発!

旅の疲れも溜まってきた中で、夜の長時間のドライブは危険。
ということで、ミュンヘンへの道中にあるもう一ヶ所気になっていた
『レースの街・プラウエン』で一泊することにしました。
[PR]
by yurulilas | 2008-08-27 22:55 | おでかけ

ドイツの首都・ベルリン (その3)

引き続きベルリン観光。
e0116763_18593945.jpg

↑【ジーゲスゾイレ】
『ベルリン天使の歌』に登場する戦勝記念塔。
想像していたよりも大きかったです。
とおくに見えるテレビ等との対比がベルリンの歴史を物語っているように感じました。

e0116763_1901553.jpg←【チェックポイントチャーリー】
ベルリン封鎖当時の数少ない通行口。
悲しい壁の歴史を伝えているところです。





e0116763_18591467.jpg←アイラブベルリンベアー。
もしかして、もう生産中止?
なかなか姿を見かけなかったので、
出会えて嬉しかったです♪
一匹ポツンとお土産屋サンの片隅にいたのを
連れてかえってきました。


ベルリンを発つ前に、ドイツ最大級の老舗デパート「 KaDeWe 」へ
日本のデパートみたい!思ったのもそのはず、新宿伊勢丹をモデルに改装したそうです。
最上階の食品売り場は、お魚コーナーが広く、フードコートも充実していました。
ルノートルも入っていて、美味しいクロワッサンとデニッシュ系の菓子パンをランチに!

歴史的に見所がいっぱいの大都市ベルリン。
大きすぎて、観光をしていたら、手芸屋サンなどまわることができませんでした。。。
初めての街は刺激がいっぱいです。

そして、今回の旅はベルリン観光だけではないのです。
***(^m^)***
ミュンヘンへ戻る途中、
個人的に興味深~い『おもちゃ箱の村・ザイフェン』へ!
[PR]
by yurulilas | 2008-08-26 22:55 | おでかけ

ドイツの首都・ベルリン (その2)

翌朝、出勤前のK氏による【ベルリンの歴史プチツアー】
e0116763_189034.jpg

↑ベルリンを東西に隔てた壁と今は普通に通じている道。

e0116763_18115212.jpg
西側の壁と、東側の壁の間。→
上部は手をかけ難いように
丸くしていたそうです。







e0116763_18122468.jpg←壁の厚みが2mちかくある、地上防空壕。









そして、観光へ。

e0116763_18131170.jpg←【ドイツ連邦議会議事堂】
一時間ほど列に並び、ガラス張りの中央ドームへ。
ベルリン市内を一望でき、旧東西を上空から眺めることができました。




e0116763_18134954.jpg←【ブランデンブルク門】
周りが広々としているので、大きさがわからなくなる・・・ほど大きかったです。
すぐ側の車道に壁あとがレンガで印してありました。




お昼、旧東の若者で賑わう地区にある「五行」へ
今風の内装でリーズナブルな和食屋サン。牛丼(牛ご飯)がありました!
そして午後は、お買い物。
e0116763_18142314.jpg←「スリッパ屋サン」
小さなお店の後ではミシンがカタカタ。
お手ごろ価格で、冬用のルームシューズを新調しました。




e0116763_1815589.jpg
「チョコレート屋サン」→
店内に入ると、
大きなチョコのオブジェ。
チョコの香りに包まれます!




e0116763_1817560.jpg←「ギャラリーラファイエット」にて、
フランスの香りをクンクン。
シャルロットポワールをいただきつつ
ひと休み(^-^)~*






↓夕食はジャガイモ料理屋さん。
お肉や海老と一緒にいただく大振りのジャガイモさんたち、ホクホク美味しかったです。
ここでは噂のベルリナーヴァイスにも挑戦!木苺味のビールカクテルでした。↓
e0116763_18181247.jpge0116763_18183014.jpg







バイエルンだけがドイツじゃない。と、実感しました。
(当たり前のことなのだけど・・・(^-^;))
[PR]
by yurulilas | 2008-08-25 22:55 | おでかけ

ドイツの首都・ベルリン (その1)

ベルリンへは、ミュンヘンから高速道路9号線を北上しました。
土曜日の朝出発し休憩しながらのんびり走って7時間。夕方には到着です。
e0116763_222208.jpg

日曜日は雨模様。テレビ塔も姿を隠してしまっています。
せっかく楽しみにしていた蚤の市巡りは・・・断念。
ということで、【バウハウス展示館】見学へ。
日本語のオーディオガイドがあり、時間軸で説明してもらえたのでより理解が深まり
おもしろかったです。
e0116763_223122.jpg
バスで旧東ドイツ地区へ移動中、
無理だと思っていた蚤の市発見!
しかし、途中ものすごい豪雨。。。
ゆっくり物色することはあきらめて、
高架下にて雨宿り。


小雨になったところを、ふらふら街探検。
e0116763_2274081.jpg
←サーフィンバージョンのアンペルマン。






中庭がある集合住宅。1階にはかわいいショップ、ギャラリーやカフェ。
e0116763_2282677.jpge0116763_22153115.jpg







しかし、日曜日なのでウィンドーショッピング。夏休みのお店も多かったです(T-T)

e0116763_2295130.jpg夕食はアイスバインをはじめとする、ドイツ料理。







とにかく、ひろ~い。というのがベルリンの第一印象です。
[PR]
by yurulilas | 2008-08-24 22:55 | おでかけ

カボチャの馬車

友人の義母さまが、ドイツの土で日本の種から育てたカボチャをいただきました。
偶々、キッチンにいるピグリンの近くに置いたら、カボチャの馬車みたい!
といことでで、記念撮影。
e0116763_1841366.jpg


『カボチャ』ってハロウィンのイメージで、秋。又は煮物のイメージで、冬でしたが、
収穫期は今頃なのですね。

More
[PR]
by yurulilas | 2008-08-22 18:13 | たべもの

月色

昨夜の月。
e0116763_15461248.jpg

部分月食でしたね。
お天気の良い、夜空を久しぶりに見上げました。

太陽と月の間に地球。
月面に地球の影が映し出され、部分的にかけてみえました。
間接的ですが、地球が見えたことにちょっと感動☆

「月色」とは、月の色や光。(広辞苑より)
[PR]
by yurulilas | 2008-08-17 15:48