○○○ Pause ○○○  Comfortable daily Life

cdlpause.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

コッテリ見えるけど、あっさりクリームスープ!


e0116763_20532722.jpg


お昼ご飯と一緒に夕食の下準備。
ルクルーゼでニンニク、タマネギ、牛肉、ズッキーニを
塩、コショウ、オリーブオイルで炒め、
ジャガイモと野菜コンソメ、ひたひたにお水を入れてコトコト、1時間。
火を消して、蓋をしたまま放置。
夕食前にソースパンに白ワインを沸騰させて生クリームを入れ、
お鍋に注ぎ30分。
ズッキーニとタマネギが解けてなくなってジャガイモとお肉がゴロンゴロン。
時間が美味しくしてくれる♪
[PR]
by yurulilas | 2007-07-29 20:54 | 手づくり

どんぐり

お買い物の帰り道、重い荷物を地面に置いて、深呼吸。

青々しいどんぐり発見♪

e0116763_17415482.jpg


帽子の部分が、『細編み』に見える!?
[PR]
by yurulilas | 2007-07-23 17:44 | おでかけ

あかい らいおん

e0116763_21141297.jpg


自己流編みぐるみで、つくってみました。
ちいさな あかい らいおん。

お友達のMちゃんがアップリケ刺繍をしていたのが、最初の出会い。
絵本に登場するライオンということを知り、興味を持ち始めたとき、
リネンバードのホームページ「本棚部屋から」第2回で紹介された『ラチとらいおん』

ちいさな あかい らいおん は、つよくなるためのともだち。

できたのは、ちょい オヤジ らいおん・・・?!
[PR]
by yurulilas | 2007-07-19 21:25 | 手づくり

くるくる

e0116763_18464323.jpg


日本で見つけたかわいい子。

ピーターラビットのお友達、ピグリン。
得意なバレエを踊りながら、毎日を明るく過ごしているそうです。

彼はカラダバランス飲料の『 DAKARA 』のCMに出演中。
なので、一本に一体おまけで付いてきます。
ピグリンのフィギアに、ボトルまたは冷蔵庫を近づけると・・・くるくる、くるくる・・・・

おまけといえど、とっても精密に作られていて、感激!!!
得意げな顔で、バレエのポーズ(Attitude,Sus,Pirouette,La pose Cygne,Tendu,Arabesque)をとっている姿が微笑ましい。

我が家の通路側にある窓辺で、お客様をお迎えしてくれます。

『ミス・ポッター』というピーターラビットの作家である、ビアトリクス.ポッターの自伝映画をドイツに戻る飛行機内で見るという偶然にも恵まれ、ますます、愛おしく感じています♪
[PR]
by yurulilas | 2007-07-14 18:50

さくらんぼ

e0116763_15314795.jpg


葉っぱ付きの姿が、かわいくて買いました。
さくらんぼは、ドイツ語で Kirsche。

紙のパックに入ってるのは国産品。
ちなみにこれは、ボーデンゼー産。

お味のほうは、日本のさくらんぼを想像してはいけません。
最初、スッパ!そして、渋・・・。しかし、果肉がとろけ、かすかに甘い。
うーん、野生の果物。

身体にいいかんじ。
[PR]
by yurulilas | 2007-07-08 15:32

花咲く季節・・・

e0116763_1765433.jpg


ブロクを長いこと更新できずにいました。
この春の出来事をブロクに載せるかをとても悩みました。
身勝手ですが、文章にするということで、言葉を探し、現実と向き合い、前に進めると信じて、載せることに決めました。

4月末に父がこの世を旅立ちました。
あまりにも急な日本からの連絡を信じられない気持ちで受けました。
急いで仕度するなか、さびしくて、かなしくて、涙がつぎからつぎに溢れました。
どうすることも出来ない現実をただ受け止めなければいけません。

「自分らしさ」を美徳にしていた父。
母を愛し、家族を大切にする人。とても優しい人。
楽しんで生きることを教えてくれました。
たくさんの心の糧をくれました。
もっと、長生きして欲しかったと思わないわけではないけれど、帰国して、自宅の布団に横たわる父の微笑む顔をみて、父の人生は、彼らしく充実した日々だったんだと感じました。お別れの日、親族、友人が集まり、花に囲まれ、皆に見送られた父は幸せ者だとおもいます。

今回のことで、人の命は永遠ではないことを強く実感しました。
一緒に過ごした日々は永遠だということも。

今までとは違う時間の流れに慣れるまでは、寂しいこともあると思うけれど、
これからも、楽しむことを忘れずに、毎日を大切にして、過ごしたいと思います。
みんなの笑顔が大好きな父だったのですから。

家族をはじめ、周りの人々に助けていただきながら、時間の流れに身を任せつつ、日々過ごすことができています。ほんとうに、ありがとうございます。

昨日、今日、明日があることに、そして父に、感謝しています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
Love & Peace
祐理子
[PR]
by yurulilas | 2007-07-06 17:09